■■「巨大カジノで経済成長!?」シンポジウム■■
2018.11.08
<日 時>平成30年12月15日(土)
     13時〜16時30分

<会 場>宮日会館11階・宮日ホール

 カジノ導入推進派からはカジノ導入による経済効果が喧伝され、また、政府もカジノ導入を成長戦略の柱として取り組むなど、経済効果への期待が寄せられていますが、カジノは賭博を合法化するものであり、また、ギャンブル依存症問題の深刻化など、悪影響も懸念されています。
 当会では、一昨年の九州弁護士会連合会定期大会以降ギャンブル依存症問題に取り組んでおり、カジノ導入による悪影響について警鐘を鳴らしてきました。
 本シンポジウムでは、カジノの経済的側面に造詣の深い鳥畑与一教授をお招きし、ご講演いただくことにしました。
 また、パネルディスカッションを実施し、カジノ及びギャンブル依存症問題についての参加者の理解を深めていただきたいと思います。
 詳細については、別紙チラシをご覧ください。

主   催:宮崎県弁護士会
共   催:日本弁護士連合会・九州弁護士会連合会
担 当 者:塩地陽介
この件に関するお問合せ先:宮崎県弁護士会 ギャンブル依存症対策特別委員会 0985(22)2466

  • ページトップへ
  • ホームに戻る