弁護士費用について

弁護士費用の種類

 一般的に、弁護士に支払う費用の種類としては、次の通り「着手金」「報酬金」「手数料」「法律相談料」「顧問料」「日当」「実費」などがあります。事件の内容(当事者間の争いの有無や難易度の違い)によって、金額が異なります。

弁護士に依頼するときには、総額でどの程度の費用が必要になるのか、依頼したい弁護士に直接確認するようにしてください。なお、裁判所へ納める費用や交通費などの実費は別途必要になります。

【着手金】
着手金は弁護士に事件を依頼した段階でお支払いいただくものです。(事件の結果に関係なくお支払いただくものです。)
得ようとする利益に一定の割合をかけることで額が定められることが多いです。
多くの弁護士はこの着手金とは別に次に説明する「報酬金」を弁護士費用としてお支払いただくようお願いすることが多いです。

【報酬金】
報酬金とは、およそ事件終了時に、事件によって得られた成果に応じてお支払いただく弁護士費用です。 得られた利益に一定の割合をかけることで額が決まるような契約になることが多いです。

【実費、日当】
実費は、文字どおり事件処理のために実際に出費されるものです。
裁判を起こす場合でいえば、裁判所に納める印紙代や予納郵券(切手)代、記録謄写費用、事件によっては保証金、鑑定料などがかかります。
出張を要する事件については交通費、宿泊費、日当がかかります。

【法律相談料】
依頼者に対して行う法律相談の費用です。

【顧問料】
企業や個人と顧問契約を締結し、その契約に基づき継続的に行う一定の法律事務に対して支払われるものです。


  • ページトップへ
  • ホームに戻る