弁護士費用について

弁護士報酬の目安

1.具体的な額について
かつては日本弁護士連合会の定める報酬基準があったため、弁護士費用は全弁護士一律に同じ金額でした。 しかし、平成16年4月1日から、弁護士報酬は自由化され、個々の弁護士が独自に費用を定めるようになりました。 ですので、弁護士に依頼される方は、直接その弁護士に弁護士費用についてお尋ねください。 なお、かつての報酬基準を参考に報酬基準を設定している弁護士が多いようです。そこで、一応の目安にしていただくために、旧報酬基準を掲載いたします。
旧報酬基準PDF
  また、日本弁護士連合会では、参考のため、市民のための弁護士報酬の目安という冊子や市民のための弁護士報酬ガイドという冊子を出しております。
市民のための弁護士報酬の目安
リーフレット「市民のための弁護士報酬ガイド」


2.弁護士費用を用意するのが困難な場合
  思わぬトラブルに巻き込まれて、問題の解決をするために弁護士の援助が必要なのに、法律相談料を支払うのも厳しい、依頼をしたいけど着手金が用意できないなど経済的な理由により問題の解決を図ることが困難な方々のために、民事法律扶助(法テラス)の制度があります。この制度は、法テラス宮崎地方事務所のみならず、法テラスと契約している弁護士の法律事務所においても利用することができます。詳しくは、法テラス又はご依頼したい弁護士に直接お尋ねください。


  • ページトップへ
  • ホームに戻る