Loading...

お知らせ

■■マイナ保険証問題市民シンポジウム■■
2024.07.02

政府は、2023年12月、現行の健康保険証を今年12月2日に廃止することを閣議決定しました。
もともと取得は任意だったはずのマイナカードと健康保険証の一体化・一本化にどのような問題があるのか、マイナ保険証への一本化を政府がゴリ押しする背景に何があるのか、ご一緒に考えたいと思います。

前半は斎藤貴男さん(フリージャーナリスト)に基調講演をいただきます。
後半のパネルディスカッションでは、宮崎県保険医協会現会長の小池弘幸さん(小池レディスクリニック院長)やケアマネジャーの落合邦博さん(居宅介護支援事業所れいんぼう所長)にもご登壇いただき、宮崎県内の医療機関や介護施設でのマイナ保険証をめぐるトラブルの現状をリアルにご報告いただき、意見交換する予定です。
宮崎県弁護士会所属弁護士の松田幸子会員も交えて、医療を受ける権利など人権の観点からも議論を深めたいと思います。
たくさんのみなさまのご参加をお待ちしています。

■日時:2024年8月10日(土)14:00~16:30(開場13:30~)
■場所:宮日会館11階・宮日ホール(予約不要・入場無料)
■基調講演:「マイナ保険証の先に何があるか?」
講師  斎藤貴男さん(フリージャーナリスト)
■パネルディスカッション:「え?!紙の健康保険証、廃止するの?!」
パネリスト 斎藤貴男さん、落合邦博さん(ケアマネジャー)、小池弘幸さん(小池レディスクリニック 医師)、松田幸子さん(弁護士)

チラシ

宮崎県弁護士会では、以下の3種類の電話相談を実施しております。

・相談無料(通話料はご負担ください)
・相談が集中し、電話が繋がりにくい状態が続いています。話し中の場合、しばらく後におかけ直しください。

子どもの権利ホットライン
電話相談日

毎月第1・第3月曜日(祝日・年末年始・お盆は休み)
午後4時~午後5時30分

相談対象者

悩みを抱える子ども、保護者、施設の方、学校の先生など

相談内容

子どもの権利に関する法律問題全般

高齢者・障がい者電話相談
電話相談日

毎週金曜日(祝日・年末年始・お盆は休み)
午前10時~午後12時

相談対象者

65歳以上の方、障がい者の方

相談内容

相続、家族問題、借金、近隣トラブル等法律問題全般

夜間テレフォン相談
電話相談日

毎週水曜日(祝日・年末年始・お盆は休み)
午後7時~午後8時30分

相談対象者

どなたからでも相談可能

相談内容

相続、家族問題、借金、近隣トラブル等法律問題全般

電話相談はこちらから
0985-23-6112 0985-23-6112